鳴門渦潮観光

鳴門渦潮観光

大塚国際美術館のチケット入場券付プラン・鑑賞プランのあるホテル・旅館

≪国内旅行≫リピーター続出!クラブツーリズムの大好評ツアーはこちら

スポンサードリンク

鳴門 渦潮 見ごろ

どんな大きなうず潮が巻くのだろうと、期待を胸に鳴門を訪れても、
日や時間帯によっては、小さな渦や、潮の流れ程度しか見られなくて、
こんなものかと、がっかりすることもあるかと思います。

ご存知かも知れませんが、
渦は1日中ずっと巻いているわけではありません。

見ごろの時間

渦が良く見れる時間は毎日変わります。

見ごろの時間として一般的には、潮見表に記された時刻を中心に、小潮の時なら前後1時間位まで、大潮の時なら前後2時間位までが最適と言われていますが、
同じ見るなら、大潮の時の最速潮流時間中心に見るのがおすすめです。

なるとのうずしおは、鳴門海峡の地形に加え、月や太陽などの引力により起こる潮の干満が、うずの発生に大きな影響を与えているようです。

さらに、干潮時は南から吹く風、満潮時は西から吹く風の時が影響が大きいようです。

見ごろの季節

春や秋の、大潮となる新月や満月の前後数日間は、うずが特に大きくなるようです。

そして、春から夏へは、瀬戸内海から紀伊水道に向かって潮が流れる干潮時の方が満潮時よりも渦がより大きく巻くそうです。

逆に、秋から冬へは紀伊水道から瀬戸内海へと潮が流れる満ち潮の時が良いそうです。

鳴門海峡

1年でも最大の渦が見られるのは「春の大潮」だそうです。

鳴門 春の渦まつり・渦開き イベント情報

4月、5月の大潮の日の引き潮の時間帯が、私的には、最高にお薦めです。

もちろん、その日に限らず、見ごろをしっかりおさえれば良い渦が見られると思います。 (できれば観潮に最適な大潮の日をおススメします。)

自然相手ですので、時期や時間帯を外すと、なかなか思い描くような渦にめぐりあえないかもしれませんが、
運よく大きなきれいな渦を間近に見られた時は、それはそれは感動的です。

渦の道の公式サイト上の「渦潮の見ごろ」や
観光船運営会社のHP内の「うずの潮見表」などを参考に
最適な時間帯に、ご覧になられることを強くおすすめ致します。

潮見表 参考リンク先一覧

次項有鳴門渦潮の動画

ちなみに鳴門の渦潮は、パワースポットらしいですよ。

渦の道で鳴門の渦潮を

鳴門海峡にかかる大鳴門橋には、橋の下側の橋げた空間(元々は新幹線が通る予定だった所)を利用して作られた「渦の道」(うずのみち)という遊歩道があります。


渦の道から見た渦潮の動画です。

大鳴門橋
【千畳敷から見た大鳴門橋です。】

大鳴門橋が架かる淡路・鳴門の鳴門側に入口があります。

★渦の道の地図・ルート表示>>

渦の道
【22年に、開館10周年を迎えました。】9月29日入場者数が700万人を突破!

次項有大塚国際美術館や渦の道の割引情報はこちら

次項有周辺のホテル・旅館のご案内

渦の道の通路

渦の道からの眺め
【「渦の道」から眺めた景色、写っている島の名前は「飛島」です。】

メッシーナ海峡、セイモア海峡と並び世界3大潮流と言われる鳴門海峡の鳴門の渦潮を海上45メートルの展望室に設けられたガラス床越しに見下ろすことができる観光施設です。

渦の道の展望室にあるガラス床

展望室までの距離は450メートルほどあり結構長いです。
天気のいい日は気持ちよく、ゆっくりと海上散歩を味わえます。

頭上からは橋を通る車の音も聞こえてきますし、風の強い日には自然を肌で感じることもできます。(通路は、橋の構造的な安全上、完全にふさがれていないので...)

大鳴門橋
【大鳴門橋を観潮船から眺めた風景】

渦潮は、満潮、干潮時に最速になるので、この時間を中心に見られる事を強くお勧めします。
せっかく行って渦が巻いていないとがっかりですもんね。

※駐車場は鳴門公園駐車場を利用
マイカーで鳴門公園に行くとき

渦の道
【観潮船から見上げた渦の道の展望窓】

それから、もっと鳴門のうずしおの迫力を間近に味わいというかたには、ぜひ船からも、ご覧になって頂きたいです。

観潮に最適な季節の大潮時には、最大で直径20メートルにもなる渦潮の迫力を、体感して欲しいです。

次項有鳴門渦潮観潮船の比較

次項有周辺のホテル・旅館のご案内

次項有鳴門渦潮の動画

鳴門うずしお観潮船
【うずしお観潮船でのクルーズ】

展望室があるのはこのあたり

大塚国際美術館

大塚国際美術館
大塚国際美術館(おおつかこくさいびじゅつかん) The Otsuka Museum of Art

★大塚国際美術館の地図・ルート表示>>
大塚国際美術館 前売入館券はこちら>>icon

徳島県鳴門市鳴門町の鳴門公園内(鳴門北インターチェンジより車で約3分)に、平成10年に開館しました。

大きさは国立新美術館に次ぐ全国第2位、私立美術館としては、日本最大の美術館です。

大塚国際美術館
【大鳴門橋架橋記念館側から見た大塚国際美術館】

大塚グループの大塚オーミ陶業株式会社が開発した特殊技術により世界の名画が陶板にて原寸大で再現されています。
この陶板は光による退色に非常に強く約2000年以上そのままの色で残るそうです。
陶板ならではの特性を生かしモネの「睡蓮」など屋外展示もされています。

システィーナ礼拝堂天井画の再現や、エル・グレコの大祭壇衝立の復元など美術ファンにとって非常に興味深い画期的な展示は、大塚国際美術館ならではと言えます。

レオナルド・ダ・ヴィンチ「最後の晩餐」、エドヴァルド・ムンク「叫び」、サンドロ・ボッティチェッリ「ヴィーナスの誕生」、パブロ・ピカソ「ゲルニカ」など、地下3階から地上2階までの各フロアに、展示されている1000点超の古代から現代までの、名だたる世界の名画に魅了されます。

環境展示、系統展示、テーマ展示と3つの展示がなされていてます。

大塚国際美術館

海が見える庭やレストラン、ミュージアムショップ、カフェなどもあり、アートな1日をゆったりと味わえます。
とにかく館内は広く、鑑賞ルートは約4kmです。
全てを見て回るには相当の時間がかかると思われます。

大塚国際美術館

大塚国際美術館
開館時間 9:30〜17:00(入場は16:00迄)
休館日 毎週月曜日 祝祭日の場合は翌日 正月明け連続休館有り 8月は無休
TEL 088-687-3737

入館料
小学生・中学生・高校生 540円
大学生 2160円
一般 3240円
20名以上の団体は10%割引き

詳しくは大塚国際美術館の公式HP(ホームページ)で
http://www.o-museum.or.jp/



上バナーリンク先ページの右上の検索窓に「大塚国際美術館」の、キーワードで検索すると、関連ツアー情報が一覧で出てきます。

次項有割引情報のページはこちら

次項有鳴門・徳島のホテル・旅館情報はこちら

鳴門海峡にクロマグロ回遊

2013年1月9日(水曜)の徳島新聞に「鳴門海峡にクロマグロが昨年末から100匹超回遊」という記事が出ていました。

あのクロマグロが鳴門に回遊してきていると聞いて夢のようで心が踊りました。

kuromaguro1.jpg
(徳島新聞より)

漁師さんらの間で既に話題になっていたようで、回遊が確認されている場所は鳴門海峡にある大鳴門橋から南に1kmの所のようです。

そして、1月12日(土曜)の徳島新聞に「クロマグロ相次ぎゲット」との見出しで1面に写真入りで続報が掲載されていました。

kuromaguro2.JPG
(徳島新聞より)

なんと、30kg前後で優に1mを超えるものが相次いでつり上げられているとの事。

5日には130cmのものが釣れたそうです。

33面にも関連記事が大きく載っていました。

kuromaguro3.JPG
(徳島新聞より)

鳴門海峡でクロマグロフィーバーが起きていて、10隻以上の遊漁船が繰り出しているそうです。

徳島県内の釣具店では、専用の竿やリールが品薄になっているとか。

遊漁船業者の「福丸」さんのコメントなども紹介されていました。

釣り好きには夢のようなニュースです。

情報元:徳島新聞より


クロマグロ用の竿やリールを楽天でも売っているんですね。高くて手が出ませんが...以下参考

★クロマグロ 竿★

★クロマグロ リール★


クロマグロキャスティング完全解説