大塚国際美術館 鳴門渦潮観光

大塚国際美術館 鳴門渦潮観光

大塚国際美術館のチケット入場券付プラン・鑑賞プランのあるホテル・旅館

≪国内旅行≫リピーター続出!クラブツーリズムの大好評ツアーはこちら

スポンサードリンク

紅白で、米津玄師さんが歌った大塚国際美術館が人気

2018年大晦日のNHK紅白歌合戦で、米津玄師さんが徳島県鳴門市の大塚国際美術館からテレビで初めて生で歌う姿が中継されましたね。

NHKの事前の発表では中継場所は、「Lemon」(レモン)の楽曲の世界観を表現するのに相応しい場所と発表されていましたが、その舞台は、もしかしたら大塚国際美術館ではないかとひそかに思っていました。

どのような構成、演出で、いかに「Lemon」の世界観が表現されるのか、なにより生で歌う米津玄師さんの姿を初めてテレビで見られる瞬間を絶対に見逃してなるものかと待つ間、期待は膨らむばかりでした。

そしてついに中継の時を迎え、映し出されたその映像は、予想をはるかに超えたものでした。

バチカン市国のバチカン宮殿内に建てられたシスティーナ礼拝堂を、陶板により原寸大で完全再現したシスティーナホールには、いくつものロウソクが灯され、抑えられた照明のもとミケランジェロの「最後の審判」や、壮大な天井画が浮かび上がり、幻想的で息をのむような神秘的な空間に、魂に響いてくる米津玄師さんの歌唱、菅原小春さんの圧巻のパフォーマンス、すべてに心が震えました。

中継場所となった大塚国際美術館の公式ホームページのアクセス数が中継直前から急増し、また正月三が日の入館者数は前年から5割増になり、米津玄師さんファンにとって聖地化しているというようなニュースも流れていました。

米津玄師さんの紅白出場の数分間でのインパクトは計り知れないものがありました。 米津さんがTBS金曜ドラマ「アンナチュラル」の主題歌であり2018年最大のヒット曲となった「Lemon」(レモン)を歌い上げたあの場所に行ってみたいという気持ちは、にわかファンの私でさえ生まれたので、濃いファンの方ならなおさらかもと思いました。

ルネッサンスリゾートナルト(4/1よりアオアヲナルトリゾート)
米津玄師さんが紅白歌合戦で「Lemon」(レモン)を歌ったあの大塚国際美術館の入場券付きのプランや藍染体験付きプランなどが人気です。

米津玄師さん紅白、生中継の場所は

米津玄師(よねずけんし)さんが「第69回 NHK紅白歌合戦」に、初出場する事が発表されました。
徳島県から生中継で「Lemon」を歌うそうです。

中継場所がどこになるのか気になりますね。
楽曲の世界観を表現するのにふさわしい場所とだけしか発表されていません。
安全上の理由から非公開になるのは仕方ないですが、ファンとしては知りたいところ

眉山山頂、神社仏閣、アスティとくしま、あすたむランド、かずら橋、うだつの町並み、うーんどこなんでしょう?
鳴門市にある大塚国際美術館の中にある、システィーナ礼拝堂を原寸大に再現したシスティーナホールとか歌の雰囲気に合いそうな気がします。
歌舞伎が行われたりもするホールですし、音響的にもいいかも、室内で天候にも左右されないし

Lemon (初回限定映像盤 CD+DVD) [ 米津玄師 ]

全国アリーナツアーライブ「脊椎がオパールになる頃」は、2019年1月19日から始まりますね。

ライブチケットは、CD購入先行抽選、一般先行抽選、一般販売と、なかなか倍率が高かったようで、抽選外れてしまいました。
入手できた方は幸せですね。
初日は徳島県アスティとくしまです。
会場周辺は大混雑、大渋滞になりそうですね。

少し前までは、「よねずげんし」さんとか、「げんじ」さんなどと呼んでいたにわかファンですが、今ではすっかりはまってしまっていて、NHK出演が発表されて、さらには徳島から中継と聞いて、舞い上がっています。

今年の紅白は必ず見るつもりです。


大塚国際美術館システィーナ歌舞伎2016

平成28年2月19日(金)・20日(土)・21日(日)に大塚国際美術館システィーナ・ホールで
第七回 システィーナ歌舞伎 La Belle et la Bete/美女と野獣が開催されます。

大塚国際美術館

大塚国際美術館
大塚国際美術館(おおつかこくさいびじゅつかん) The Otsuka Museum of Art

★大塚国際美術館の地図・ルート表示>>
大塚国際美術館 前売入館券はこちら>>icon

徳島県鳴門市鳴門町の鳴門公園内(鳴門北インターチェンジより車で約3分)に、平成10年に開館しました。

大きさは国立新美術館に次ぐ全国第2位、私立美術館としては、日本最大の美術館です。

大塚国際美術館
【大鳴門橋架橋記念館側から見た大塚国際美術館】

大塚グループの大塚オーミ陶業株式会社が開発した特殊技術により世界の名画が陶板にて原寸大で再現されています。
この陶板は光による退色に非常に強く約2000年以上そのままの色で残るそうです。
陶板ならではの特性を生かしモネの「睡蓮」など屋外展示もされています。

システィーナ礼拝堂天井画の再現や、エル・グレコの大祭壇衝立の復元など美術ファンにとって非常に興味深い画期的な展示は、大塚国際美術館ならではと言えます。

レオナルド・ダ・ヴィンチ「最後の晩餐」、エドヴァルド・ムンク「叫び」、サンドロ・ボッティチェッリ「ヴィーナスの誕生」、パブロ・ピカソ「ゲルニカ」など、地下3階から地上2階までの各フロアに、展示されている1000点超の古代から現代までの、名だたる世界の名画に魅了されます。

環境展示、系統展示、テーマ展示と3つの展示がなされていてます。

大塚国際美術館

海が見える庭やレストラン、ミュージアムショップ、カフェなどもあり、アートな1日をゆったりと味わえます。
とにかく館内は広く、鑑賞ルートは約4kmです。
全てを見て回るには相当の時間がかかると思われます。

大塚国際美術館

大塚国際美術館
開館時間 9:30〜17:00(入場は16:00迄)
休館日 毎週月曜日 祝祭日の場合は翌日 正月明け連続休館有り 8月は無休
TEL 088-687-3737

入館料
小学生・中学生・高校生 540円
大学生 2160円
一般 3240円
20名以上の団体は10%割引き

詳しくは大塚国際美術館の公式HP(ホームページ)で
http://www.o-museum.or.jp/



上バナーリンク先ページの右上の検索窓に「大塚国際美術館」の、キーワードで検索すると、関連ツアー情報が一覧で出てきます。

次項有割引情報のページはこちら

次項有鳴門・徳島のホテル・旅館情報はこちら

オススメの大塚国際美術館

大塚国際美術館は鳴門でオススメのスポットです。
【トリップアドバイザー】の「行ってよかった日本の美術館&博物館Top20」の美術館部門で1位になっています。

実際に大塚国際美術館を訪れた方の、生の感想、口コミ満足度の高さがうかがえます。

行ってよかった日本の美術館&博物館Top20【トリップアドバイザー】
http://www.tripadvisor.jp/pages/MuseumArtmuseum.html

システィーナ歌舞伎「GOEMON 石川五右衛門」

大塚国際美術館で平成23年11月12日(土)・13日(日)・14日(月)に、第三回システィーナ歌舞伎「GOEMON 石川五右衛門」が開催されます。

水口一夫 作・演出 GOEMON 石川五右衛門
振付 藤間勘十郎

石川五右衛門:片岡愛之助
出雲の阿国:中村壱太郎
友市(子供時代の五右衛門):上村 吉太朗
石田局:上村吉弥
豊臣秀吉:石田太郎
カルデロン神父:伊礼彼方

徳島県、牟岐町出身のフラメンコ舞踊家の小島章司さんが特別出演します。

大塚国際美術館のホームページ内に詳しい案内があります
http://www.o-museum.or.jp/info/event/110922_297.html

歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人(かぶきびと)のホームページ内に詳しい案内があります
http://www.kabuki-bito.jp/theaters/other/2011/11/goemon.html

ゆかたで大塚国際美術館へ行くとなんと!

2013年はこちら>> 以下旧記事です。

2011年8月6日(土)の、17時以降に、大塚国際美術館に、ゆかたで行くと入館料が無料です。

開館時間も21時まで延長されていて、モネの「大睡蓮」が、ライトアップされていたりします。

『夏の夜の美術館』 デートにも良いかも!

詳しくは大塚国際美術館の案内ページで
http://www.o-museum.or.jp/info/event/110705_280.html

システィーナ歌舞伎「スサノオsusanoo」

2010年11月13日、14日に大塚国際美術館のシスティーナ・ホールで システィーナ歌舞伎「スサノオsusanoo」の歌舞伎公演がありますね。

続きを読む